スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
37話感想
37話の感想です。
たいしたことは書いてありませんが、ネタバレはおもいっきりしております。
未読の方はご注意ください。

内容は思いつくままに好きなことだけ書いているのでめちゃめちゃです。
すいません!37話よかったよ!ということだけ伝わればいいと思います。

つづきからどうぞ!

――――――――――――――――

表紙

あれ?2人いつ結婚した…?

といいたくなるくらいの
見つめあい
から始まりました。見つめあいすぎですよ。
幸せオーラ出すぎですよ…でも、もっと近くてもいいよ!!

陛下の優しくちょっと切ない感じさえする微笑が美しすぎて白陽国国宝級です。
恋を自覚したせいか、最近の夕鈴はかわいすぎて、最後まで心臓が耐えきれるか心配ですが、
今回の表紙も、36話に引き続き天使のようにかわいいです。
もちろんお妃演技は入っているのでしょうが、
とにかくこちらも柔らかい笑顔でかわいらしいです。
後宮のいつもの夫婦が帰ってきた…?そんなふうに思える表紙です。

ただ少し美しすぎて、ああこれは夢なのね、と思ってしまうようなそんな苦しさを感じました。
花より優雅な後宮生活ふたたび…(はあと)というあおりがついています。
では、
本編のほうに…
優雅な後宮生活のほうに参りたいとおもいますっ!


本編

あ、本編のまえに
あらすじで前回の名シーンおがめますぜ!

――――――

全体として:にやにやがとまらん

個人的に重大なポイント

・周さんの優しさ
・夕鈴、誘 っ て る …? → いや、でも夕鈴だぞ落ち着け(私の気持ち)
・距離のとり方が分からない陛下かわいすぎる

結果→ふたりがかわいすぎる


以下箇条書きで

・ひょい、と夕鈴を持ち上げる陛下
の横顔が神!
ほれる!もう夕鈴惚れてるけど…さらに!
今月号の陛下はクールな顔が多くてどきどきする。
狼陛下なんだけど、冷たい陛下というよりはかっこいい陛下です。イケメンっぷりが火を噴いている。

・周さんはドヨドヨしているけれどけっこう優しい
この前は、悪いことばかりだったから呪いみたいでしたけど、
予言はいいことも悪いこともあっての予言ですね。

・陛下小犬率減った?
だんだん小犬のころころ感が減っているような
ニュートラルな感じがいたします。
いけめん…っ!
涼しい二重がさらに涼しい表情をしているところがもうたまりません。今月号たまりませんっ!

・陛下があまりベタベタしてこないことが不安な夕鈴
表情とか、考えることとか、
完全に恋する乙女になっとる。
これが自覚の力ですか。あの夕鈴をここまで乙女思考回路にしてしまうとは…恋ってすごい!
あ、でも「前はあんなにベッタベタだったくせに」って言っているところはあまり乙女じゃない(笑)

・李順さんキレる(笑)李順さんのばっさりっぷりは今月も素敵!
「私が知ったことですか!」
「それは気の迷いです」

・夕鈴「しょぼん」(´・ω・`)
陛下が「今日も」後宮にこれない、と聞いてしょぼんとする夕鈴。顔に出ちゃってる。
夕鈴が小犬化している…かわいいです。
うそがつけない夕鈴。なにもかも顔に出ている夕鈴!
前はギャグっぽい顔が多かったですが、
いまやもう乙女顔が多くてかわいすぎて大変なことになっています。

・「私何か 陛下の気に障るようなことしたかなあ」
恋してないと出てこない発言です。ズーン、と沈んでいる顔も、お金のことを心配してクビになるかもぉ、といいながらへこんでいるような顔とは全然違います。
周さんのアドバイスを受けて陛下をデート(?)に誘うときの気まずそうな感じも新しいです。
夕鈴の気の使い方がとても変わったなと思います。
前は、バイトだから変なことしないように、とか陛下は仕事大変で疲れているから力にならなくちゃ、とか
そんな感じでしたけど、
今は陛下に「嫌われたくない」という気持ちもあって、
それが夕鈴の中ですごく大きな不安で、気持ちの変化な気がします。

・今月号最大の見せ場(と勝手に思っているのは)
「陛下にされてイヤなことなんて 何も――――」+涙

ええええええええ
そんなこと言っちゃっていいの???!!!
陛下はこの表情に耐えられるのか。
せっかく加減しようとしてたところにこの攻撃ですか。
だれだって手をのばしたくなるわ。

陛下の表情の描写って、「どきっ」とか、赤くなったりというのは全然ないじゃないですか。
陛下は、今まで人を愛したり好きになったりすることを学んでこなくて、
そのときの感情を体が扱いきれなくて、本当にときめいたら頭真っ白になって固まってしまうんじゃないか…
そんなことを陛下の反応を見ながら考えてました。

そして案の定陛下は夕鈴に手を伸ばしました。
顔の角度的には明らかにそのままキス!という角度!
雰囲気も素敵ですし、
花も周りにあって、2人を邪魔するものは何もないあずまや…

と、ここで
「あ 陛下 雨あがりました」

(^w^)

さすが夕鈴。
期待を裏切らないスルーっぷりでした。
水滴を反射して光る花がとても綺麗だそうです!

陛下はしょぼーん、としたまま
「…キミのほうが キレイだよ…」
といいます。
その返しも夕鈴らしく
「そーゆうのはあとでいいからちゃんとみてくださいよ」
読者<ええええええええ さすが夕鈴
という感じ、でしょうか…。陛下ほんとにかわいそうだな。
陛下、もてあそばれてる?

今月号のまとめは陛下がしてくれました
「お嫁さんがかわいくなってくのってどうしたらいい?」

ほんとですね!
これからも陛下と一緒に、ますますかわいくなっていく夕鈴に翻弄されたい…と思いながら読み終えました。


今月号は、
「これだから黎夕は…っ!」
という感じでした。

ごちゃごちゃ好きなことだけ書いてすみません。
どこか共感してくださる方がいたら嬉しいです。





スポンサーサイト
 
コメントの投稿
secret


トラックバック URL
http://osakanaya3.blog.fc2.com/tb.php/65-30c22738

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。