スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
57話感想ネタバレです★
3連休仕事→風邪引いて寝こむ→ちょっと回復の兆し→ネズミ遊園地に遊びに行き喉の炎症が悪化(今ここ)

というわけでようやく落ち着いたので久しぶりの本誌感想です。
とてもネタバレなので気をつけてください。

ひとことでいうと、
陛下まじくっそヘタレだめ男~
ばかだなこの人~
っていう感じの回でした。
この人ほんと成長しないね!

陛下のことは単体では好きなんですが、
夕鈴は他の人選んだほうがいいよ!と思ってしまったので、
そういう傾向の感想です。
暴言吐きすぎて誤解されそうですが陛下のことは好きなんです。
好きだけど夕鈴のこと傷つけてむかっとしちゃいました。

続きからどうぞ!
57話感想

いつもの夕鈴
・バイト終了と言われたけど終わりまで責任持ってがんばりますね、という姿勢
・借金完済じゃないけど、残りはいいと陛下に言われたのに、
陛下に黙って李順さんに話をつけて自分で返済することにしちゃう

夕鈴成長したなと思うところ
・なんでも一人で決める陛下に対して『勝手な人』と思えるようになった
もちろん、陛下は王様なので夕鈴に相談する必要なんてないけれど、
その陛下に対して『勝手』だと思えるようになったところが、
夕鈴から陛下への心の距離が近くなったと感じました。
・借金全部自分で返すことにしたのは、
責任を持つということもあるけれど、
それによって陛下と少しでもつながりを残したいと思ったところ
←多分夕鈴は自分でもすごく馬鹿だなと思ってる。
任せちゃって楽にしたほうが絶対いいし、
借金が残ってたってお金の管理をするのは李順さんなんだから、
陛下がそれにつながりを感じるわけではないし、自分のことを思い出してくれるわけでもないとわかってる。
本当に自己満足で一方的につながりを残したいだけだけど、
それでもなにもないよりはいいわ、と
これまで堅実で正しく生きようとしてきた夕鈴が、
たとえ意味がなくて愚かでも自分の気がすむように、と行動しているところが夕鈴変わったなーと思ったところ。
陛下に恋をしていなくても、
自分で作った借金は自分で返すと言ったかもしれないけど、
仕事斡旋してくださいとか、なにか交渉はしてたかもしれない。


方淵は夕鈴が演技してるときの表情よく見てますね。
具合が悪いときもすぐわかるし、今回も気力がない…って言ってるし。
これが夕鈴に惚れてるからとかじゃなくて、
陛下の隣にいる妃だからわかるってところがいいなあ~と思います。

いつもの陛下
・なんか大臣とかがうるさくて、今後大変なことになりそうだから、
巻き込んだら夕鈴がかわいそうだから辞めさせることにした
・君のためならなんだってしたい
とか言ってるけど、陛下のいう『なんでも』は自分から離すこと。
お金をあげる、仕事をあげる、ものをあげるとかはできるけど、
自分が直接関わることはいつでも選択肢に入っていなくて、
そういうところがこの人は自分を一人の人間として数えられなくて、
王様っていう肩書でしか自分を見てないから、
陛下と一対一の人間関係が欲しい人を傷つける。
職業柄仕方ないとは思いますけど、もうちょっと器用に生きてもいいんじゃないかなーと。
なんでそんなに一人の人間としての自分を認められないんでしょうか。
すごく自信がないんでしょうか。
陛下って王様じゃなくなった自分になんの価値もないと思ってそう。

陛下くそと思ったところ
・夕鈴になんでもしてあげたいと言ったところ
・夕鈴の嫁ぎ先を紹介すると言ったところ
あんだけ一緒にいて、
夕鈴の幸せのためにいいとこのお嫁さんっていうポジションが必要だと思ってるところがくそ。
どこにいたって一人で子供育ててたって笑ってそうな子じゃないですか。
どんな環境にいても自分で幸せのたねを見つけられるような子を、
他人の家に閉じ込めて守られてるのが幸せだっていう考えの中に押し込めてるところがほんとくそ。
結局陛下は夕鈴のことを信じてない。
夕鈴は一緒に苦労してでも隣を歩ける人を求めてるのに、
夕鈴が一歩も動かなくても周りのことをやってくれる人と結ばれるのがいいと思ってそうな陛下。
手を取り合って歩いている人を見たことがないからそういう考えなんでしょうか。
なんで一方的に支えられて、自分はなにもしなくていいのが夕鈴の幸せだって思っちゃうんでしょうか。
この考え方はずっとかわらないんでしょうか。
ほんとに夕鈴のことバカにしてるっていうことに気づかないのかこのくそへたれ!!
もう陛下のことなんか応援しない!
一生ひとりできのこみたいに仕事してろ~って言いたくなりました。

でも陛下もまだ20歳超えたばかりの若者で、
自分の気持ちとゆっくり向き合う時間もないだろうし、
かわいそうかしら、っていう気持ちもあります。
適度にがんばれって感じですね。

夕鈴は正直陛下のことはいい思い出にして、
几鍔と結婚したほうが幸せになれそうです。
狼陛下に恋をするのは楽しいかもしれないけど、
一生のパートナーとして支えあうのは陛下は向いてないような。
陛下が人と支えあう気がゼロなので。
方淵もいいと思います。

陛下は夕鈴と一緒にいてもみじんも変わらないから相当頑固なんでしょうね。
夕鈴も頑固ですから大変そうです。

可歌先生がどうするのか楽しみです。
スポンサーサイト
 
こんにちは、うりうりです。
「一人できのこみたいに仕事してろ」に吹き出しました(笑)
陛下がヘタレから脱却するには生い立ちとかお母さんのエピソードを入れるのが不可欠な感じなので、そこを終えるまで夕鈴とこのまま膠着状態だと思うと・・・・ちょっと耐え難いです(やっぱりうやむやな方向?)。
ネタバレでは大雑把な出来事しか拾っていないので、心情考察などはコミックスが出るまで大人しく待つことにします!
うりうりさんこんにちは~
こんにちは~
3回読んだ時は、
きのこみたいに仕事してろ!って思っていたんですが、
もう一回陛下の心の中を考えながら読み直してたら、
陛下がかわいそうになってきちゃいました。
この人ほんっとに、ほんっとーに!仕事以外の人付き合いしたことないんだろうな~って。
家族もいないし友達もいないし、恋人もいないし!!孤独!超孤独!
平民には陛下の心境はわかりませんがいつか幸せになってほしいです。
コメントの投稿
secret


トラックバック URL
http://osakanaya3.blog.fc2.com/tb.php/125-73b02d9e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。